ジャンイヴー・レフォルは1956年、ブラザビル「コンゴ」生まれ、独特の雰囲気で育てられた。少年時代の一時期を、豊かな自然と魅惑的なリズムが身近なピグミーの村で過ごした。1968年に彼の家族がガドアルプ島へ、そして、サン・バルトレミー島へ転居したが、西洋社会の外でのボヘミアの生命は初めてである。彼が初期に知り合った、詩人、芸術達、そして真のカリビアン冒険家たちは、今でもずっと、彼の友人としてそばにいる。海に魅了された彼は、数年住むことになる船を自分自身の手で建造した。書家およびシルクスクリーン専門家として、サン・バルトレミー島で初展覧会を催した。

2000年に新たに、リオンの家に身を落ち着けた。そのときに、リオンとサン・バルトレミー島の画廊で絵を展示している。明らかな具象画であるジャンイブーの作品の印象は、アフリカと水である。ブルズ音楽に夢中であり、彼の絵は官能的なアフリカや黒いリズムを具現している。ジャンイブーの作品は、水の美しさに魅了されている。つまり、水の光沢を永遠にし、はかない瞬間を捉える。 彼のそれぞれの作品を見れば世界と一体になることを探求する鋭敏な感性が感じられる。並ぶもののな稀な才能、ジャンイブーからエキゾチックなリズムの情熱を感じてほしい。





コンタクト Jean-Yves Jean-Yves Blog

powered by nrg